不動産の種類~一戸建て住宅や注文住宅~

MANSION FINDER

不動産

hudousan

不動産とは、「動かない資産」のことであり、主に土地や建物のことを指す。
民法第86条第1項の条文によると、不動産とは、土地及びその定着物であるとされている。
「その定着物」とは、その土地に定着しているものを指し、主に建物や立木、石垣や橋などがあげられる。

民法では、「動産」と「不動産」は、その扱いが大きく異るものとなっている。
そのために、物が「動産」であるのか「不動産」であるのかは、法律的にも契約実務の上でも重要なポイントとなっており、しっかりと見定めておく必要がある。

動産

動産とは、不動産に対し、「動く資産」のことを指す。
民法第86条第2項の条文によると、動産とは、不動産以外の物は、すべてにおいて動産であるとされている。
また、民法第86条第3項の条文によれば、無記名債権も「動産」に含まれるとされている。
従って、動産とされる範囲や種類というのは、「無限」に近い。

動産を例にあげるとすると、物の生産・製造に使われるさまざまな機械や器具があげられる。
また、衣食住に関わる食料品や医薬品、衣料品や家財道具もあげられ、自動車や書物などもあげられる。
他にも、船舶や航空機等々もあげられ、移動できる全てのものが含まれるものとなっている。

定着物

teityaku

大審院判決による判例によると、定着物とは、自然の形状にもとづき、土地に付着している物であるとされている。
また、不動産に含まれる「土地の定着物」とされるものは、一時的に用いられるためだけに付着させたものを指すのではなく、その土地に定着しているものを指すともされている。

機械については、基礎工事により、土地に固着させられた機械は「定着物」であるとされる。
しかし、建物の一部であったり、基礎工事においてボルトや釘、スパイクなどで固定されただけのものに関しては、定着物ではないとされている。

ニュース

2013/10/15
住宅
2013/10/15
注文住宅
2014/01/24
工務店
2014/02/06
別荘